department

外科・消化器外科

外科・消化器外科について

当院外科はスタッフ4名より構成され、消化管、肝胆膵、乳腺を中心にヘルニア・肛門疾患など幅広く診療をしています。各種ガイドラインに基づき最新の情報をもとに、患者様一人一人の病態やニーズにあわせた治療を心がけています。

特色

 

手術

手術症例では放射線科医師、病棟スタッフとの術前術後カンファレンスを行い、患者さんに最良の手術方法を選択するようにしております。また、手術決定と同時に麻酔科受診を行い、術前の全身状態を二重にチェックし術前術後の全身管理を行なっています。 
内視鏡外科では胆石症や早期の胃癌、進行がんを含めた大腸癌、ヘルニアで行なっています。

 

化学療法(抗癌剤治療)

術前化学療法を施行し癌を減量後に手術を行ったり、術後の補助化学療法や切除不能進行・再発癌に対して積極的に化学療法を行なっています。できるだけ外来通院での治療ができるように、化学療法室で治療をしています。現在化学療法のクリニカルパスを10種類作成しています。

 

内視鏡検査・治療内視鏡

​上部・下部(胃カメラ・大腸カメラ)内視鏡検査は、月曜日から金曜日まで主に産業医科大学消化器内科より消化器内視鏡医を派遣していただき検査を行っています。ERCPや治療内視鏡も消化器外科を窓口とし消化器内科医と協力し検査・治療を行っています。

 

救急

救急告示病院として積極的に救急患者さんを受け入れています。当科でも急性腹症や腹部外傷を中心に 24 時間体制で診療、治療を行なえるようにしています。

診療実績

胃・十二指腸

胃全摘 4件
胃切除術(全摘以外) 18件
2件
上記のうち鏡視下手術 7件

小腸・虫垂・結腸

結腸切除 33件
虫垂切除 11件
イレウス 3件
人工肛門造設 2件
その他 5件
上記のうち鏡視下手術 30件

 

直腸・肛門

直腸切除、切断 11件
肛門疾患 7件
その他 1件
上記のうち鏡視下手術 8件

 

肝・胆・膵・脾

膵頭十二指腸切除(PD)(PpPD含む) 2件
膵切除(PD以外) 1件
肝切除 2件
胆石症、総胆管結石 52件
脾摘 4件
上記のうち鏡視下手術 39件

 

腹腔・腹膜・後腹膜

ヘルニア 37件
3件

 

乳腺

乳房切除 3件
乳房温存手術 4件

ストーマ外来

ストーマケアや退院後の日常生活指導が受けられる外来で、手術前から受診する ことができます。ストーマケアにともなうトラブルや心配なことがありましたら、 ご相談ください。

 

受診方法

医師の診察後に予約をします。外科外来を受診してください。
 

●ストーマ外来の予約日
皮膚・排泄ケア認定看護師が担当します。
毎月、第1・第3水曜日 14:00~16:00

●費用
在宅療養指導料240点(処置料70点+指導料170点)
※3割負担で720円程度

ストーマ外来について詳しくはこちら