department

脳神経外科

脳神経外科について

当院では、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍等の脳神経外科領域全般の外科治療、内科治療を行っています。特に扱うことの多い脳血管障害については、現在血管内治療の分野が進んでおり、当院でも外科治療だけでなく血管内治療も積極的に行っています。

医師紹介

  • 産業医科大学 名誉教授
    戸畑総合病院 脳神経外科疾患センター長
    西澤 茂

    医学博士
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医
    日本脊髄外科学会認定医

     
  • 産業医科大学 教授 
    山本 淳考
    医学博士
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医
    日本がん治療認定医

難易度の高い手術加療については、産業医科大学 西澤茂 名誉教授、産業医科大学 山本淳考 教授に来ていただき、患者様に可能な限り安全な手術を行っています。
 

スタッフ

  • 副部長 
    梅村 武部

    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医

  • 非常勤医師 
    齋藤 健
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳卒中学会専門医

 

脳神経外科疾患について

当科では、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷に対する手術加療、放射線科と協力し血管内治療も行なっています。

 

【脳腫瘍】

脳の中には、多くのタイプの腫瘍が発生します。当科では各種脳腫瘍に対して必要があれば摘出手術を行い、病理診断を行い、診断に基づいた加療を行っています。また手術の際は、必要に応じ術中ナビゲーション、運動神経モニターを使用し安全に手術を行っています。
 
  • 髄膜腫

  • 髄膜腫摘出後


上図MRI画像で、矢印の部分が脳に発生した髄膜腫です。手術後に全摘出されていることがわかります。
 

【脳血管障害】

脳梗塞

脳梗塞は脳の血管がつまって起きる病気です。脳梗塞は、発症してから治療するまでの時間が早ければ早いほど、改善する可能性が高くなります。超急性期脳梗塞に対するアルテプラーゼ投与だけでなく、血管内治療による血栓回収術も行っています。この治療は、内頚動脈や、中大脳動脈につまった血栓を、カテーテルで直接取り除くことで、血流を再開通させるものです。
 
  • 血栓回収前

  • 血栓回収後の再開通


上図は血管造影の画像です。血栓回収前では、脳の血流が悪く、回収後に脳の血流が改善しています。
 
  • 回収した血栓


上図の矢印が回収した血栓です。血栓が回収でき、再開通を得ることができれば状態は劇的に改善します。

発症から治療開始までの時間が早いほど、治療結果は良くなります。急に手足の動きが悪くなったり、呂律が回らない等の症状が出た場合は、すぐに来院してください。

 

脳出血

脳出血は、脳の血管が何かの拍子で破裂してしまった状態です。脳出血は、小さいものであれば経過観察のみでリハビリにより機能回復を図ります。大きい出血で脳をかなり圧迫し、意識が悪くなっている場合は手術が必要となります。
 

  • 脳出血

  • 血腫除去術後


上図CT画像で、矢印の白い部分が全て出血です。脳が圧迫されている状態で、手術後に血腫がほとんど摘出されています。

 

くも膜下出血

くも膜下出血は脳動脈瘤という血管に生じた瘤が破裂して起こる病気です。くも膜下出血となれば、3人のうち1人が亡くなる重篤な病気です。クモ膜下出血に対しては、まず破裂した脳動脈瘤の処理を行わなければなりません。方法は二つあり、破裂した脳動脈瘤に直接クリップをかける方法と、血管内治療によるコイル塞栓術です。
 
  • 脳動脈瘤

  • クリッピング術後


上図はCTで撮影した脳の血管の画像です。矢印の先が脳動脈瘤であり、手術後の状態のようにクリップをかけ、再出血予防を行います。
 
  • コイル塞栓前

  • コイル塞栓後


上図は血管内治療によるコイル塞栓を行った脳動脈瘤です。コイルによる治療は開頭を行わないため、低侵襲の治療です。これによっても再破裂の予防が可能です。
手術を行うか血管内治療を行うかについては、それぞれ一長一短があり、症例に応じて検討しています。
また未破裂で脳動脈瘤が見つかった場合も、クリップによる手術を行うか、血管内治療によるコイル塞栓を行うかを十分検討した上で治療を行っています。

 

内頚動脈狭窄症

内頚動脈は脳を栄養する重要な血管で、動脈硬化が進みこの血管が狭窄すると、脳梗塞を発症することがあります。特にこの血管の狭窄により脳梗塞を発症した場合は、今後脳梗塞の発症を予防するため、血管内治療によるステント留置を行います。
 
  • 内頚動脈狭窄

  • ステント留置による狭窄部の拡張

矢印の部分が内頚動脈の狭窄した部分で、ステント留置後に拡張しているのがわかります。

主な医療設備

  • CT
  • MR
  • 手術用顕微鏡
  • 超音波メス
  • 術中誘発電位モニター

手術実績

※スマートフォンでご覧の場合は表を横にスクロールできます。
手術     2015年 2016年 2017年
脳腫瘍摘出術 2 4 2
経蝶形骨洞腫瘍摘出術 2 1 1
水頭症手術      
 VP シャント術 2 2 3
 LP シャント術 3    
 脳室ドレナージ 2 4 5
脳動脈瘤クリッピング術   4 4
STA-MCA バイパス術   1  
内頚動脈内膜剥離術      
慢性硬膜下血腫 16 16 9
開頭血腫除去術 1 2 5
減圧開頭術 1    
機能外科      
 微小血管減圧術     1
 脊髄刺激装置 7    
血管内治療      
 急性期血栓回収術     5
 頚動脈ステント留置術     3
 脳動脈瘤コイル塞栓術      
 AVM塞栓術     2
その他 7 3 7
合計 43 37 47

特色

現在、神経内科、リハビリテーション科と連携し神経センターが開設されています。医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーを含め多職種による合同カンファレンスを週に一度行い、患者さんに対し何が必要であるかを話し合い診療に役立てています。また当院が労災病院という性質上、脳卒中発症後リハビリ加療を行った後、職場復帰を希望される方には退院後の復職支援(両立支援)も行っております。
コメディカルスタッフ、コーディネータと連携し支援を行っています。

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

当科は、一般社団法人 National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
 この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

1.NCDに登録する情報の内容


2015年1月1日以降、当科で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)を登録します。NCDに患者さんのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のないIDを用いて登録します。IDと患者さんを結びつける対応表は当科で厳重に管理し、NCDには提供しません。


2.登録する情報の管理・結果の公表


登録する情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。
当科及び NCD では登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。
データの公表にあたっては、NCD が承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどなたのものであるか特定されることはありません。


3.登録の拒否や登録情報の確認


データを登録されたくない場合は、登録を拒否して頂くことができます。当科のスタッフにお伝えください。
また、登録されたご自身のデータの閲覧や削除を希望される場合も、当科のスタッフにお知らせください。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

4.NCD担当者の訪問による登録データ確認への協力


当科から NCDへ登録した情報が正しいかどうかを確認するため、NCDの担当者が患者さんのカルテや診療記録を閲覧することがあります。
当科がこの調査に協力する際は、NCDの担当者と守秘義務に関する取り決めを結び、患者さんとIDの対応表や氏名など患者さんを特定する情報を院外へ持ち出したり、口外したりすることは禁じます。
本事業への参加に関してご質問がある場合は、当科のスタッフにお伝えください。また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

 

一般社団法人National Clinical Database(NCD)
 ​ホームページはこちら