about

チーム医療

チーム医療のご紹介

医療安全対策チーム

私たちは門司メディカルセンターの基本理念「働く人々と地域の人々の健康管理の支援と信頼される医療を提供します」を実現するため、医療安全対策の基本的な考え方に基づき、安全な医療の推進を図ります。
医療安全総括責任者の山崎副院長と医療安全管理者の戝津です。
安全で安心できる医療の提供に向け日々頑張っています。

  • 1. 院内ラウンド・レポート収集分析
  • 2. 医療安全通信の発行
  • 3. 医療安全情報の提供
  • 4. 医療安全研修や倫理カンファレンスなど
感染対策チーム

当院では、感染対策を行うためにICT(インフェクションコントロールチーム)を結成して、日々院内感染予防を行っています。

活動内容

  • 院内ラウンド(感染防止対策が取られているかの巡視をします)
  • 感染予防の教育を行います
  • 感染対策で解らない事や疑問に思う事に解答しています
  • 抗菌薬の使用状況を確認し、正しい使用がされているかを監視しています 等
糖尿病医療推進チーム

最新の糖尿病医療の提供や糖尿病の自己管理が維持できるようにサポートし、糖尿病患者さんが、自分らしいより良い人生がおくれるよう支援する。

褥瘡対策チーム

院内・地域の褥瘡「ゼロ」を目指して! 皮膚・排泄ケア領域の専門分野(創のケア)(人工肛門、人工膀胱ケア)(失禁のケア)において、日常の生活においてのサポートを行っています。また院外における活動として、訪問看護師の方々への講義、在宅における褥瘡処置などの相談に応じています。これから地域の方々とのかかわりを持ちながら、これまでに得た知識と技術を還元していきたいと思っています。
人工肛門や人工膀胱を保有している方々を身体的、精神的にサポートし、社会復帰へむけての役割を担っている立場を認識しながら、活動しています。

認定看護師

門司メディカルセンターには、感染管理認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師が在籍しています。それぞれの分野で看護の質向上に務め、チーム医療のマネジメントを行っています。
詳しくは看護部サイトをご覧ください。 詳しくはこちら