about

院長挨拶

門司メディカルセンターは労働者健康安全機構(旧 労働福祉事業団)が開設した労災病院であり、長い伝統と歴史があります。

昭和30年5月に九州労災病院門司分院として浜町に開設され、昭和32年7月には門司労災病院と改称しました。平成元年12月に現在の東港町に移転し、平成20年4月には九州労災病院門司メディカルセンターと名称が変更されました。当センターの重要な使命は労働者健康安全機構の理念のもと、当センターの運営方針に基づき、労働者の健康を守るとともに、地域住民の健康と生活を支援する役割を担います。具体的には以下の取り組みをします。

北九州市東部の基幹となる急性期総合病院として、高齢者に多い急性期疾患や外傷などの急性期医療に取り組みます。

かかりつけ医、介護施設、住民等の要請を受け、門司地区の地域医療支援病院として、急性期の患者を積極的に受け入れ、安全で質の高い診療を行います。救急医療を充実させ、救急車受入は年間1,000以上を目指します。

大学や関連病院で研修を受けてきた医師が、新しい知識と専門性のある技能を発揮して診療に取り組みます。

常勤医が、内科(血液内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・内分泌代謝内科)、循環器、腎臓内科、神経内科、総合内科、外科・消化器外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、歯科、放射線科の外来・入院診療や検査を行います。また、非常勤医が消化器内科、呼吸器内科、メンタルヘルス科、形成外科の外来診療・検査を行います。これらの診療においては、患者の権利を尊重し対話のある医療を目指します。

回復期医療を急性期医療と同程度に重視して取り組みます。

地域包括ケア病棟では、患者さんが退院して地域に戻っても、戻り身の回り動作が自立し近所歩きができるように、看護やリハビリ訓練により病棟生活を活性化させます。また、地域住民の一時的な生活機能低下や既存疾患の症状悪化など、レスパイト入院にも対応します。

包括的な医療福祉の支援・サービスに取り組みます。

かかりつけ医、その他の医療機関、ケアマネ、地域包括支援センター、介護施設などと連携を密にして、地域包括ケアの概念のもとで、急性期病棟および地域包括ケア病棟を活用して、地域住民への包括的な支援・サービス等に取り組みます。

勤労者医療や産業保健の向上に取り組みます。

2017年4月に開設した勤労者医療総合センターを拠点として勤労者医療を推進します。勤労者は正規雇用者ばかりではなく、定年後再雇用、嘱託、アルバイトまたはパート、自営業の方々をも含めて、職場復帰や治療就労両立支援に取り組みます。また、健康診断、大規模事業所の産業医活動、福岡産業保健総合支援センターの地域窓口を介した中小規模事業所の産業医活動にも取り組みます。