about

地域医療連携室

地域医療連携室は、医療機関の先生方との連携により、患者さんの診療を効率的に行うなど、いわゆる病診、病病医療連携の窓口として積極的に取り組んでおります。

当院は、福岡県知事より平成24年7月27日付で地域医療支援病院に承認されました。
地域医療支援病院とは、診療所、クリニックなど、地域の医療機関からご紹介いただく患者さまの外来診療、救急医療体制を整備するほか、医療機関等の共同利用や、医療従事者に対する研修、勉強会を実施し、地域の医療機関を支援するとともに、地域の医療機関の中核を担う病院として、知事が名称使用を承認する病院のことです。
当院では、地域の診療所、クリニックなどと緊密な連携と役割分担を図りつつ、引き続き地域の皆さまにより良い医療を提供していくことで、地域医療の充実を目指したいと考えております。日常の診療は、地域の診療所等に受診していただき、専門的な検査・治療・入院が必要となった場合や急に具合が悪くなった場合には当院に受診していただきます。そのため初診の患者さまは、できるだけ診療所等の先生からの紹介状を持参していただくことをお願いしております。
主な業務内容
  • 電話・FAXによる紹介患者様の受診予約や当日のご案内
  • 転院に関する相談・連絡
  • 医療連携関係のデータ整理
  • 紹介患者様の受診(入院・退院)報告書FAX
  • 開放型病床の入院受付
  • 登録医訪問時受け付け
  • 文書受付(各種診断書)

受診される方へ

紹介状について

当院へ受診される際に『紹介状』をお持ちいただきますと次のようなメリットがあります。

  • 初診時特定療養費(2,700円)の負担がありません。
  • 重複した検査等が不要になり、診療時間の短縮につながります。
  • これまでの診療の経過や現在の症状について患者さんの情報を把握することができ、
    当院での診療に大変役立ちます。

「紹介状」患者さんの申し出により発行されます。当院では地域の診療所、クリニックなどと緊密な連携と役割分担を図りつつ、引き続き地域の皆さまにより良い医療を提供していくことで、地域医療の充実を目指したいと考えております。日常の診療は、地域の診療所等に受診していただき、専門的な検査・治療・入院が必要となった場合や急に具合が悪くなった場合には当院に受診していただきます。
そのため初診の患者さまは、できるだけお近くのかかりつけ医からの「紹介状」をご持参下さるようお願い致します。紹介状の宛先へは『門司メディカルセンター』、『診察希望診療科』や『診察希望医師名』などをご記入いただきますと当院の受付がスムーズになりますので、医療機関の先生にお申し出ください。

かかりつけ医のご紹介(PDF) (登録医療機関のご紹介)

ケアマネージャー・訪問看護関係の皆様へ

訪問看護指示書、診療情報提供書などの受付

返信用封筒を同封の上、ご依頼ください

退院前関与の受付

門司区医師会作成の申込用紙をFAXでお送り下さい

MSW(医療ソーシャルワーカー)について

  • 退院後の生活についての不安
  • 治療等への不安
  • 入院後の家族に対する心配
  • 医療費・生活費の不安
  • 保健、医療、福祉サービス(ホームヘルパー、デイケアなど)について詳しく知りたい

地域医療連携室では退院や転院のこと・介護保険や在宅介護について等のご相談にも応じています。また、専任のMSW(医療ソーシャルワーカー)が入院や通院に伴っておこる上記のような患者さんやご家族の不安、心配事などのご相談に応じておりますので、お気軽にお申し出ください。

お問い合わせ

門司メディカルセンター 
地域医療連携室
TEL 093-332-7616(直通) FAX 093-331-3466
TEL:093-332-7616
(直通)

FAX:093-331-3466

門司メディカルセンター 
地域医療連携室
担当看護師 
野副 可奈子・岡本 紀美子
PHS 093-332-1250
PHS:093-332-7616
(直通)
  • 地域連携室課長

    山本 尚宏

  • 地域連携室係長

    上田 昌史

  • 相談員

    青木 一郎

  • 事務

    上田 英理子、本田 美穂、小山 真純、山本 裕子

  • 看護師

    野副 可奈子、岡本 紀美子(地域医療連携室担当看護師)

  • MSW

    桂川 陽子、大石 夏喜、内山 妙子(5階相談室)