department

神経内科

神経内科について

“神経”というのは脳から足の先まで全身にはり巡らされてネットワークを作り、日々の皆様の生活すべてを支えています。が健康に過ごせている時は神経を使っていることを気づかせない、きわめて地味な存在です。せいぜい精神的なこと=神経と言われる程度ではないでしょうか。
が、ひとたび神経ネットワークがおかしくなると、しびれ、めまい、力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などいろいろな症状が生じます。おかしくなる場所は脳、脊髄、末梢(手先、足先のことです)や筋肉にまで及ぶ上に原因も様々です。
神経内科は全身にはり巡らされている神経ネットワークのどこがどうしておかしくなるかを判断します。名前は心療内科や精神神経科と似ていますが担当する病気は全く違います。
神経ネットワークのどこがおかしくなっているのかを見つけるには、病気のこれまでの経過(病歴)を細かく伺うことと神経学的診察がとても重要です。神経学的診察で皆さんご存知なのは脚気の検査として知られている、膝をゴムのハンマーでたたく腱反射検査でしょうが、それ以外にも目、口、手足の動き、歩き方、痛みの感じ方などいろいろな部分を診察します。  
最近の医学の進歩は目覚ましく頭部CT/MRI検査でいろいろな神経系の病気を見つけられるようになりましたが、未だにCT/MRI検査では異常がみつからない神経の病気も多数あります。
神経内科医は病歴と神経学的診察で神経ネットワークのどこに病気があるかを見極めてから、画像検査や血液、髄液検査、脳波検査などを行い診断を確定し治療法や今後の方針を考えます。骨や関節の病気が原因ならば整形外科に、脳の手術が必要なときは脳神経外科に、精神的なものはメンタルヘルスにご紹介します。

特色

当院神経内科は日本神経学会認定専門医2名が交代で、月曜日から金曜日まで毎日午前中、新患/再診の方の外来診療を行なっています。新患の方も毎日診察しておりますが、上記のように病歴聴取や神経学的診察に時間を要するため、お待たせすることがございます。ご理解とご協力をお願いいたします。
頭部MRI/CT、髄液検査は外来受診日におおむね可能です。脳波、筋電図、神経伝導速度検査は予約制となります。
脳血流・心筋・ドパミントランスポーター等のシンチグラフィ検査は当院ではできません。必要と判断した場合はJR九州病院放射線科にお願いしております。
神経疾患の治療はもちろん、レスパイト、リハビリテーション目的の入院にも対応いたしますが、入院期間につきましては限度がございます。

 

神経内科では左記のような診察道具を用いて診察しています(左から音叉、ハンマー(大・小)、ペンライト)。

もの忘れ外来について

超高齢化に伴い,認知症を患う方が急増しております。とくに85歳をこえると認知症と診断される方が過半数をしめるようになります。下のグラフをご参照ください。
認知症といってもいろいろなタイプがあり、治療法・対処法は異なります。
 

わが国における年齢階層別の認知症推計有病率(2012年)


厚生労働科学研究費補助金認知症対策総合研究事業、都市部における認知症有病数と認知症の生活機能障害への対応
(平成23年度~平成24年度 総合研究報告書:2013)

 
「認知症疾患診療ガイドライン」作成委員会 認知症疾患診療ガイドライン2017 第1版、2017 pp.10-11


日本人でもっとも多いアルツハイマー型認知症は脳の中にβアミロイドあるいはタウ蛋白という物質が20年かけて脳内に蓄積するのが原因のひとつだといわれています。このたまったものを取り除く根本的治療法はまだ研究中ですが、早期であれば薬剤によって認知症の進行を遅らせることができますし、ご家族の対応次第で今のレベルを長く保つこともできます。また慢性硬膜下血腫や水頭症といった病気で認知症状が出現している場合は、早期に発見し脳神経外科にて手術すれば改善することが多いです。

大事なのは早期発見です。このため毎週木曜日に「物忘れ外来」を開設しました。「もの忘れ外来」では臨床心理士がいろいろな心理テストを行ってどんなことができなくなっているかをはっきりさせ、脳のやせ具合(萎縮)を調べる頭部MRI/CT検査、物忘れをおこす内科疾患(例えば甲状腺機能低下症やビタミン欠乏等)を血液検査でチェックした上で、認知症か否か、認知症ならばどのタイプかを診断します。そして治療法、あるいは今後の生活をどうするかについて、ご本人、ご家族(場合によってはケアマネージャーや地域支援相談員等)と一緒に考えていきます。

 

●日時:毎週木曜日 14 時〜15 時 30 分

●場所:当院内科外来

当面は予約制とさせていただきますので、受診希望の方は前もってご連絡いただければ幸いに存じます。

物忘れ外来について詳しくはこちら